渡航先がどこであろうと、ツアーであろうと個人旅行であろうと、海外旅行の場合、絶対に気にとめていなければならないことがあります。

ここは日本ではない、という認識です。

水道の水を飲んでも大丈夫、荷物を椅子の後ろに置いていても平気、子どもが一人でトイレに行っても安心な国は、そう存在しません。

少し気を張りすぎじゃないの?くらいで臨んだほうがいいでしょう。

うっかりで体調を崩したり、パスポートやお金を盗まれたり、危険に身をさらしてからでは遅いのです。

最低限、事前にその国のガイドブックは一通り目を通し、できればその国を旅行した人や、現地に住んでいる人のブログなどをチェックして、情報を収集するのが望ましいです。添乗員さんがいる場合は言うことをよく聞くこと。

それだと楽しくないんじゃない、と思われるかもしれません。

大丈夫です。十分楽しくなります。何回か海外旅行を重ねれば、手の抜きどころもわかってきます。

何事もなく日本に帰ってきて、楽しかったと満足するためにも、最初はしっかりと安全対策をすることが大事です。